【お客様の声】メタプログラム+影響力

参加されたみなさまの声の一部をご紹介します。

自分の信念・価値観が行動をどのように動機づけるか、ストップさせるか、不明確なストラテジーがメタプログラムと影響力の仕組みや作用を学ぶことで明確になりました。
また、メタプログラムと影響力の親和性が高かったのが非常に興味深かったです。
自分が行動せず先送りしてしまう時のメタプログラムや環境条件を観察して、行動を起こすためにどんなメタプログラムを働かせ、
どんな影響力が作用する環境条件を整えていけば良いか、自分自身を振り返ります。
パワフルなコミュニケーションが、なぜパワフルなのか。
パワーの正体がわかり、パワーを自由に使いこなせるようになるワークショップです!
初回ながら完成度の高いセミナーで非常に満足しています。
(Oさん/塾講師)
クライアントへの関わり方をメタプログラムを理解した上で行いたいと思っていたから、参加しました。
・影響力の武器にある6つの要素は、多くの文脈において活用できることに気づくことができたこと。
・メタプログラムは、LABプロファイルにある影響言語的なアプローチではなく、あくまでも相手のプログラムに寄り添い、価値観を大切に扱うことで相手にメリットがある関わりができるということ。 が、とても学びになりました。
接客において、どのように活用できるのかを探りたいたいと思います。
表面的な学習ではなく、本質を知ることができる。 こんな風に教えてくれる人を、私はほかに知りません。

(Mさん/コーチ)

士業の肩書きという権威を持って影響力を行使してきたので、それ以外の関わり方を身につけたかったので参加しました。
メタプログラム相互の関係およびそれと影響力との関連性、同質性、一貫性、好意、返報性など、すぐにもメタプログラムと関連付けて実際に使えそうでした。 人間関係の改善にすぐにでも応用できる実践的な内容でした。
(Uさん/弁護士)
メタプログラム、価値観という言葉にピンときたので参加しました。 どんな価値観(世界観)が自分にあるのかを気づかせてもらうための方法の一つが得られた。無意識のうちにしてしまう自分のメカニズムがわかる!講座でした。
(Nさん/自営業)
人への関わり方(伝え方 含む)の自身の点検を学び直したいと思い、参加しました。 ・”影響力”に関する6つの要素をWin Winを作り出すために日常に織り込むこと。 ・”メタプログラム”を明確にする支援で、関与者をより動機付けする。 ・研修やワークショップでの参加者との関係づくりや、行動の促進のために活用する。 ・チームメンバーや家族との関わりの質の向上
上記を通じて、”人や組織の成長サイクルを廻す”というミッションを加速化させたいと思います。 自分を知り、周囲とのWin Winを構築するための構造とスキルをどっぷり学べる講座でした。いつも楽しく、そして深く学ばせてもらえることに感謝しています。ありがとうございました。
(Yさん/コンサルタント)
影響を受けて、流されないようにしたい事と、知らずに影響を与えている事を自覚して活用したかったから参加しました。
自分の聞き方の癖がわかり、違う視点を持った質問をすることで、可能性が広がっていく事を見て、もっと使えるようなりたいと強く感じました。
未来に向けて道すじを作るという視点を持つ。
影響力はWinWinで使うものだという事を自分のために使いたいと思います。
相手も自分も気持ちよく行動するための使い方が実感できました。

(Sさん/公務員)

 

一番すぐに実践したいのは「返報性」です。ありがとうと言われた後に適切な言葉をつけるだけで、良い関係性が築けるのだという事に気付けて良かったです。
会社にいる自分が得意な人も、苦手な人も、どんなメタプログラムを持っているのか、常に意識しながら話をしていきます。
モチベーションの高い人達が集まっていて、たくさんの情報量があるけど、必ず自分に必要な情報や気づきが入ってきます。
(Aさん/会社員)

本当のラポールを知る、体得するために、コーチ・トレーナー業の人には
不可欠なスキルです!(Nさん/コーチ・NLPトレーナー)
人を無理に変えるのではあなく、可能性を広げるという
一貫した姿勢がとてもありがたいです!!
無理やりではなく、気づきを得られる良い場です!(Eさん/会社員)
気づいていない領域に踏み込むことで、
新しい自分の可能性を手にいれることができる!(Mさん/会社員)
*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*
【Yさん/会社員】

<参加の動機は?>
自分の仕事の幅を広げる可能性を感じたため
<役に立った、興味深かった体験は?>
メタプログラム=認知の”枠組み”
コンテンツではなくて、枠組みにペーシングすること
相手を変えるのではなくて、相手の認知の”枠組み”を拡げる
自分の癖を再確認できた。
<どのように活かせるか?>
メンバーとの One – on – One
ワークショップや家庭内での会話の中でも、少しでも活用し、
”違い”を作り出せたら、みんながハッピーになれると思う。
<講師へのメッセージ>
飽くなき探究心/向上心
そして、場への貢献意欲が結実されてました。

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*
【Nさん/コーチ・NLPトレーナー】

<参加の動機は?>
トレーナーをとったのにメタプログラムを学んできていないため
<役に立った、興味深かった体験は?>
自分のメタプログラムに一致している時とそうでない時の心の中の
表象が違うことを見つけたことが最も大きな気づきになった。
これを体験し、違いを見つけられたことは今後の対人支援に大いに役立つと思った。
<どのように活かせるか?>
会話をかわす人のメタプログラムにフォーカスし、まずそれに合わせていくことで、
会話が活性化することを体験していきたい。
さらに、それをリーディングし、相手のメタプログラムの幅を拡げる。
<講師へのメッセージ>
他の参加者の皆さまの雰囲気と相まって、とてもパワフルで充実した2日間でした。
理論の部分も分かりやすかったです。これは多いに役立ちます。
そして、スキルトレーニングの部分もいつも通り、オプションも入り、満足度の高いものでした。
*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*
【Eさん/会社員】

<参加の動機は?>
他の人が何を感じているか、わかる手がかりが欲しいと思ったから
<役に立った、興味深かった体験は?>
・非言語マーカーの識別
・ふわっとした動詞で相手の本音を引き出すことができること
・”3回同じ方向へ進んだ後、振り返る”という方法論
<講師へのメッセージ>
相変わらず、デモの切り込み方が鮮やかすぎて唸りました。すごーーーーいです。
教わる知識も重圧ながら、最後必ず、セッションへの落とし込み方を
教えてくださるのが本当に有難いです!
他のプログラムも知りたい&使いたいので、Part2以降も楽しみにしております!
*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*
【Sさん/会社員】
<参加の動機は?>
自分や人への理解を深めたいため
<役に立った、興味深かった体験は?>
非言語が持っている力と可能性について、印象深かったです。
自分や相手の表象を見て、枠組みを広げていきたいと思いました。
<講師へのメッセージ>
楽しい時間でした。自分を好きになれるし、自信もつきました。元気がでます!
*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*
【Mさん/会社員】
<参加の動機は?>
更にメタプログラムについて学びを深めたかったから
<講師へのメッセージ>
いつものことですが、ワークショップが終わったときに感じる
新しいものを手にした感がたまらないです。
特に自分でも取り入れやすいイメージが持てるので、即仕事の中に活かせる
実践的感を覚えます。素晴らしい!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る