エリクソニアン・アプローチ

bannar_ericksonian-image

エリクソニアン・アプローチとは

ミルトン・H・エリクソン( 1 9 0 1 ~ 1 9 8 0 年 )が行った心理療法の総称。

クライアントの無意識に内在するリソース(資源)を、会話やトランス技法を使って活性化し、
問題を、それまでとは異なる方法で経験するように方向付けをしていくアプローチです。

エリクソニン・アプローチの前提として、下記が挙げられます
● 全てのクライアントは、ユニークで個別の存在である。
● 一見価値がなく、不要だと思えるどんな振る舞いにも、それを支える能力と、何らかの目的(意図)がある。
● 視点が変化すれば、「問題」と捉えていたことを「能力」として活かせる。
● 「問題」となるのは、振る舞いではなく、その人の思い込みや思考の一般化である。

捉え方のサイズを変えることが、
振る舞いの可能性を飛躍的に拡げる機会となります。

ミルトン・H・エリクソンとは

k449251155

ミルトン・エリクソンは、臨床催眠の使い方に関しては20世紀随一の権威でした。また、医師としてさまざまな症例を治癒し、20世紀最高の心理療法家と言う人もいます。『催眠』は、かつてメスメルやスヴェンガリなど、さまざまな誤用、誤解があり、精神医学の父であるフロイトが放棄したことで、西洋では医学の分野から追い払われたかのように見えた無意識を活用する技術を、エリクソンは治療的催眠として高度に洗練させ、彼の好奇心に溢れた催眠の科学的探究の結果、医学界にその効果を認めさせるのに重要な役割を担った存在です。
80歳でなくなるその日まで300本を超える催眠に関する論文を書き、3万人を超える被験者に催眠を行ったとされています。また、数多くの弟子やフォロワーを生んだことでも知られています。エリクソンは、単に医者として学術的に貢献しただけではありません。『傷ついた治療者』と呼ばれ、自らが様々な障害を持って生まれ、そしてポリオによる全身麻痺からの回復、人生の後半での後ポリオ症候群など厳しい身体症状と共に生きることを通して、

「生きる勇気とは何か」、「あきらめ」という枠組みからの解放という多くの人々を奮い立たせる生き方を私たちに教えてくれています。

彼はさまざまな催眠的技法を編み出しましたが、中でも患者の症状を利用する方法や、患者の関わり方までも活用する許容的で、直接指示をせずに緩やかに催眠に誘導し、治癒を導き出す「間接誘導」に彼自身の症状、人生との関わり方が強く現れています。彼の存在はとても大きく。彼の死後、かつての弟子や新たなフォロワー達が次々と精神医学や心理療法に新しい流れを生みだしています。

より詳しい情報はエリクソニアン・アプローチ・ジャパンをご覧下さい。

『エリクソニアン・アプローチ』が2014年10月号にて「セラピスト」にて紹介されました。

10647772_759070350818061_818114890_n

ページ上部へ戻る