【リズムに耳を澄ます聴き方】

ついつい後回しになること… 

ありませんか? 

そして今日、取り戻そう! 

そう思って行動するときも… 

僕にとっては、聴き方の続きを書く。 

それがずっと気になってました。 

書けないなりの理由があったので… 

でも書きます、今日は。 

今日はリズムを聴くってこと… 

それって何? 

「おもろい!」から世界を変える 

「しぐさ」と「ことば」の専門家、 

神崇仁です。 

 

この間、凄く力を入れて書いた、 

「聴く」について 

聴き方には、レベルがあって、 

その聴き方次第で、人が受け入れられた、 

とか、 

承認されていない、と感じたりする。 

そんな聴き方のレベルを書いた2週間前、 

2500文字を書き終えて、 

追伸を書こうとしたら… 

まさかのMacがフリーズ… 

それ以来、書けないでいました。 

 

 

でも、 

昨日、あるFBページで、 

僕の動画をしっかりと見て、 

それについて感想と決意を数日にわたって 

書いてくれているのをみて、 

感激しました。 

 

 

Macがフリーズして、大事なデータが 

消えてしまったからといって 

いつまでも、書き直すことを 

先延ばしにするのはやめよう! 

 

そう思い直しました。 

結局のところ、 

誰かとの接点が、僕のモチベーションに 

火をつけてくれるんですよね。 

 

 

ホットボタンっていうらしいですね。 

こういうの。 

僕の場合は誰かの役に立っている、 

という事実です。 

あなたのホットボタンは何ですか? 

 

今日は聴くということから、 

ホットボタンを考えてみます。 

 

ホットボタンとは、 

強く感情を動かされる引き金と言えます。 

 

感情の役割はいろいろ研究されていますが、 

アントニオ・ダマシオによると、 

「感情は心に、体内の生命プロセスが 

 順調に機能しているかどうかを、 

 言葉を用いることなく伝達している」 

と言います。 

 

つまり、私たちの瞬間瞬間が、 

安全か、幸福か、あるいはそうでないか、 

を感情が評価していることになります。 

 

ホットボタンは、自分にとってその瞬間が 

なんらか感情が動くくらい重要な瞬間だと 

心に教えてくれます。 

 

聴き手としてその場にいるとき、 

私たちは、話し手の声が、 

先の瞬間とは異なったものになっていることに 

気づくことが容易にできるのです。 

 

ホットボタンが言葉になる前に、 

私たちの心の中で、イメージを作ります。 

人はそのイメージを言葉にしようとするとき、 

感情が加わり、それが喉の筋肉の運動に 

微妙な力の加え方の違いを生むのです。 

 

だから声の質が変わる。 

ここで聴くべきなのは、 

話の内容じゃないんです。 

話し手の人がどんな言葉を話しているか、 

ではなく、イメージを聞き取るのです。 

 

共にいると、 

その場で話を聴いていると、 

聴き手である私の中に、どんなイメージが 

浮かび上がってくるのか。 

 

相手の話を聴きながら、 

その言葉やその描写を伝え返すことで、 

それが話し手にとってしっくりくるのであれば、 

関係性が一気に深まるでしょうし、 

しっくりこない内容なら、 

話し手はこちらの話を遮ってでも、 

私たちに彼らの想いを伝えようとするでしょう。 

 

「もっと深いことを話してください!」と 

あなたがお願いしなくても、 

話し手はそのことを伝えようとします。 

話し手は聴いてほしいんです。 

分かって欲しいんです。 

自分が大切にしていることを。 

その部分を解釈せずに聴けるかどうか、が 

受け入れてもらっている感の醸成に繋がります。 

そのためには、複数の階層で聴く 

ということが必要になります。 

僕たちはほとんどの場合、 

意識的に一つのレベルでしか聴いていないと 

認識しています。 

でも実際のところは、 

複数のレベルで聴いています。 

 

ただ、意識的になっていないだけ。 

第1のレベルはおなじみの 

相手の話を理解しようとして聴くと言うやり方です。 

理性を聴くと言えます。 

あるいは論理を聴くと。 

 

でも、重要なのは、 

哺乳類のトーンを聴く。 

感情を聴く、 

または辺縁系のリズムを聴く、とも言えます。 

声のトーンやリズムに注意を向けるんです。 

そうすれば相手の心情の変化が 

手に取るように分かります。 

変化が起きる瞬間。 

チェンジトークが始まる瞬間が分かるのです。 

話の内容だけでなく、リズムを聴く、を 

習慣化すれば、誰でもできるようになります。 

是非今日にでも 

相手の話を聴きながら、 

話の内容だけでなく、声のトーン、 

リズムに耳を澄ましてください。 

きっと新しい、今までと違う何かに 

気づくと思います。 

そうすることで、ひょっとしたら、 

より良い人間関係が築けるかも知れませんよ!! 

今日もあなたの関わりが、 

価値のある経験をもたらしますように! 

では、いってらっしゃい! 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る