【願いが叶う人とそうでない人の決定的な違い】

あなたは、かなえたい願いや 

誰かにして欲しいこと 

とかありますか? 

 

僕は 

最近、此までにも増して、 

どんどん願いが叶うようになっています。 

 

到底無理だと思っていたことも、 

叶っています。 

 

早くそれをみんなに伝えたいのだけど、 

こまかな取り決めに時間がかかっていて、 

もう少しかかるんです。 

最近、ある習慣を取り入れた。 

その結果だと思うんです。 

 

その習慣とは… 

こんにちは。 

「おもろい!」から世界を変える 

「しぐさ」と「ことば」の専門家、 

神崇仁です。 

 

最近、施術家の言語学の説明会や 

セラピストの言語学のための登壇など、 

これまでと違う人達と交流を 

深める時間が多くあります。 

 

そして不思議なことに、 

願いが叶わない。 

つまり、自分が「したい」、と 

思っているのにできない。 

 

そういう人があまりにも多い。 

 

もちろん、 

いろんな理由はあります。 

 

やりたい、でも 

時間がない。 

やりたい、でも 

お金がない。 

きっとそうなんだと思います。 

 

それを物質的なことなのに、 

現実世界で行動することなく、 

ただただ頭の中で考えて、 

それを理由に、諦める… 

頭の中のゲームです。 

 

本当にかなえたいのなら、 

頭の中のゲームで終わらすのは 

もったいない。 

そうは思いませんか? 

 

もちろん、限度ってものはあるでしょう。 

 

でも、僕は同じ様な境遇の人が 

異なる選択をすることを、 

目の前で見ています。 

 

時間がない、でも 

やりたい。 

お金がない、でも 

やりたい。 

 

そんな強い想いを持ったとき、 

ただ持つだけでなく、 

行動に移します。 

 

例えば、口にしてみる。 

時間を調整すること、 

誰かにお願いすることをする。 

 

お金がない。 

支払い方や、何らかの支援を 

お願いしてみる。 

 

そうすることで、支援の道が開かれたり、 

誰かが助けてくれたり、 

妙案を出してくれたりします。 

 

僕たちが思っているよりも、 

仲間は寛容で、あなたよりも 

その道の知識に長けていたりします。 

 

そして言葉にすれば、 

少なくともしないよりも 

誰かに伝わる確率は劇的に高まります。 

 

何しろ、口にしない=確率ゼロ 

口にする=確率1%~100% 

ですから。 

 

そして行動に移すために役立つ、 

心が動く言葉の使い方があります。 

 

それは、 

順番を替えるということ。 

やりたい、でも 

お金がない。 

ではなく、 

お金がない、でも 

やりたい。 

 

と口にしてください。 

そうすれば、心が動きますよ。 

 

NLPのスィッシュと言われるワークは、 

ここから来ています。 

 

「でも」のチカラを使って、 

制限的な捉え方を吹き飛ばすんです。 

 

是非やってみてください。 

セラピストの言語学、では 

こんな心が変わる言葉の使い方を 

たくさん伝える予定です。 

今日もあなたの関わりが 

価値のある経験をもたらしますように。 

では、いってらっしゃい! 

 

【セラピストの言語学】は3月20日からスタートします!

ひと足お先にセラピストの言語学を知りたい方はぜひ無料のコミュニティにご参加ください^^

Facebookでの非公開のグループになります。

https://www.facebook.com/groups/563202164085341/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る